幸せの国のアリス

メッセージ送信

(出会い目的の書込は法律で罰せられます→ルール)

メッセージ一覧

「えー、持ってきたのに」
楽しそうにしていたのに、しぼんでいく
「あ、ならお裾分け」
といっても、いくつか包んで渡す
「今日はスペシャルクッキーだよー」

カンプ、日本ただいま (プロフ) [2019年6月2日 5時] 4番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

「アリス達を探すと良いでしょう。この時間ならばきっとお茶会はまだ始まっていませんよ」
胸へ手を添え、紳士的に答える。まだお茶会の時間には程遠く、今行けばまだ間に合うであろうと思ったのである。
「おや、良いのですか?ありがとう」
数度目を瞬かせた後にそれを受け取った。どこがどうスペシャルなのかは分かりかねるが、受け取らない程薄情ではなかった。

花助 (プロフ) [2019年6月2日 9時] 5番目の返信 PCから [違反報告・ブロック]

「ランスロくんも来れば良いのに
お仕事大変だから休まないと
体持たないよ?」
お茶会と聞くとすぐに行こうと思うがめのまえの相手も誘いたいようだ
「紅茶とかジャムとか入ってるの
おいしーよ」

カンプ、日本ただいま (プロフ) [2019年6月2日 11時] 6番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

「職務を投げ出すわけにはいきませんから」
これを生きがいとしているランスロにとって、仕事が大変だとか、そうではないとかは全く関係ないのである。糸のように結ばれた目は感情を読み取らせることを許さずに、ただ口元は孤を描き続ける。
「気にせずに。城の警備が手薄になってはいけませんから」

花助 (プロフ) [2019年6月2日 13時] 7番目の返信 PCから [違反報告・ブロック]

「わかったー、お土産話まっててねぇ」
仕方ないと言う顔をする
「あ、コーヒーと飲んでも美味しいからね、今日のクッキー
またねぇ」
子供の様にまた笑うと嬉しそうに駆け出す

カンプ、日本ただいま (プロフ) [2019年6月2日 17時] 8番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

しばらく考え込んでいた彼は急にバッと顔を上げた。

「そういえば迷子になっていたんだろう?迷子防止に説明でもしようか?」

こう見えても結構権力は高いんだよ、と少し自慢げにほほ笑む。
ワンダーランドの立地は頭の中に入っているしチェシャの森も迷いやすいけれど鍵があれば大丈夫だろう。
胸にかけている 謎の鍵 をきゅっと握りしめて反対の手を差し出し片膝をつく。

「美咲のアリス嬢、君が良ければ一緒に探索しないかい?」

善処 (プロフ) [2019年4月20日 2時] 7番目の返信 PCから [違反報告・ブロック]

差し伸べた手に手を重ねられると思っていたが、逆に手を取られてしまった。
ほかのお淑やかな女性と比べて予想外な行動をされ一瞬目を見開く、
しかしすぐに穏やかな表情に戻り口元に笑みを浮かべる。

この方が、年相応で美咲のアリス嬢っぽい、な

にこやかに笑い、優しく手を握らせてもらう。
すっと立ち上がると周りを見渡し、どこに連れて行こうかと考える。
ちらりと彼女の様子を伺うと、とてもワクワクしていて愛らしい。

そうだ、と小言を零し彼女に向き合う。

「細長い広間、行かないかい?」

ほら、ワンダーランドに来た時の初めの通路…。

と付け足し彼女の返事を待った。

善処 (プロフ) [2019年4月21日 3時] 8番目の返信 PCから [違反報告・ブロック]

きらきらと輝く瞳に視線を合わせ、一度にこりと微笑むと広間の方へと歩き出す。
まずはバラ園を抜けなければ。
女王は赤が好きで、一面に赤いバラ…なのだが、別の場所へ繋がる場所には
彼の趣味で別の色が植えてある。

青色のバラは…。

真っ直ぐと歩き出し、バラを楽しみながら出口を目指す。
きょろきょろと視線を動かしながら彼は多色のバラを探す。

「お、あったあった。こっちだね。」

上機嫌な声色で話しかけると、青いバラの出口にたどり着く。
謎に 扉だけ 設置された扉の前に立つと一度彼女の方を振り返り目を合わす。

「さぁさぁ、ワンダーランドののエンターテイナー、ジャックハートの移動術さ♡ あ そこ段差あるから気を付けて」

にこにこと陽気にマジックの開始のような掛け声をし、彼女に段差の指摘をする。
そこにあるだけの扉を空けたり閉めたりするが、同じ景色が続くだけ…。
彼はくすっと笑うと扉の鍵穴に胸元の鍵を差し込んだ。

「僕は今から、ここから広間に連れてってあげよう。おいで?」

扉を開けるとわずかに広間の面影が、
彼女の手をつ掴むと扉の中へと引っ張り込んだ。
するとそこには細長い広間が広がり、彼は「上出来だ。」と笑った。

善処 (プロフ) [2019年4月22日 0時] 9番目の返信 PCから [違反報告・ブロック]

すごい、そう言いながらはしゃぐ彼女を満足げに見つめる。
気味が悪いくらいに口角を上げ、そっと彼女に手を伸ばす。
頭に手を乗せ、優しく撫でると顔の前に手を持ってきて「3、2、1、」の合図の後にポンッとイカリソウを一輪出す。
小さめの花を4、5個咲かしている愛らしい花を彼女の髪にそっと挿す。

「歓喜の声をありがとう♡ すごく楽しいだろう?」

にこやかに笑った彼は聞こえるか聞こえないかの声でぼそりと付け足す。

「元の世界より、ずっとずっと、」
「アリスは、ワンダーランドの姫にはいてもらわなきゃね…♡」

また一つ芸を披露できた彼は嬉しそうに背を向け、細長い広間の奥へと進んで行く。


__イカリソウの花言葉は「君を離さない」。

善処 (プロフ) [2019年4月22日 10時] 10番目の返信 PCから [違反報告・ブロック]

ちらりと後ろを振り返る、
髪に花を挿す彼女はとても綺麗で、鏡で容姿を確認する姿はやはり【アリス】だった。
にっこりと嬉しそうな笑いながら広間の奥まで進む。

なにか言った、か…そうだな、
「君はまだ…知らないでいいことさ」
声に出てしまったか、と考えながら机上に鍵を探す。

お、時計ウサギの家の鍵

鍵に手を伸ばすと後ろから聞こえてきた声に体が止まる。

…元の世界に、帰りたい。
彼女は今確かにそういった。???
あぁダメだ、そんなのだめだ。

彼女の方をゆっくりと振り返る。
少し、歪んだ、いびな笑みを見せてそっと肩を掴む。

「そう、だなぁ」
もし、帰りたいなら、
帰りたい??
「帰らせない」

気味が悪いくらいの笑みを浮かべ、そっと震える手で彼女の肩を掴む。

「帰らないで」
帰らせない。
「いかないでくれ」
行かせない。
いなくならないで。
絶対に元の世界の家族には、

「渡さない」


虚ろな目で彼女を見つめ、そっと顔を下げる。
頭の片隅に女王の喜ぶ姿を思い浮かべ、ぱっと顔を上げるといつも通りに笑っていた。

「なーんて、ね♡」

善処 (プロフ) [2019年4月24日 8時] 11番目の返信 PCから [違反報告・ブロック]

幸せの国のアリス【LINK】

善処 (プロフ) [2019年4月18日 23時] 1番目の返信 PCから [違反報告・ブロック]
(C) COMMU