天空の城物語。

メッセージ送信

(出会い目的の書込は法律で罰せられます→ルール)

メッセージ一覧

狂乱side
何が起きてる?……暖かい……黒くない……
「ぁ……ぅ……………」
味わったことのない感覚に戸惑い怖くなる。
グエスから切り離されそれは強まった
「嫌だ……離れないで……グエスっ!」
グエスから離れた自分の姿は
幼く弱々しい人型の何かだった
グエスside
体が楽になり目が覚める。
あいつが居なくなったのか……
「あ……れ………晴……?」

全ゲーム最弱( ´ཫ` ) (プロフ) [2月27日 21時] 238番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

晴side
「大丈夫、大丈夫だよっ…怖くない。私がいる」
例え攻撃されても、抱き締めるのは止めない。彼はグエスから離れ、一人の人となった。
「おかえり、グエス。……君の、名前はどうしよっか……」
なんて、呟く。名前がなきゃ、大変でしょ?

恋華@Aile//sub Reader (プロフ) [2月28日 17時] 239番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

グエスside
「お前は……」
現れた見たことも無い子供に驚きつつ
生きていることに安堵する。
怖いと怯えるその子の頭を撫で
「もう大丈夫……大丈夫だからな」
狂乱side
怖い……グエスから離れたくない……嫌だ……
「怖いよ……グエス……助けて……」
結局自分はグエスの優しさに依存して……
頼っていただけだったんだ……

全ゲーム最弱( ´ཫ` ) (プロフ) [2月28日 17時] 240番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

晴side
二人を見て微笑ましそうに笑う。仲良いんだな、と思いながら。…刹那、急に頭が痛くなる。ズキズキと止まらない痛み。小さく呻き声を上げながらも、直ぐにいつも通りに戻しグエスに伝える。
「桜を置いてきちゃったから、そっち行ってくるね。その子をお願い」
にぃ、と微笑みながら歩いていく。……しばらく経ち、彼等からはもう見えない様な場所にまで来る。思わずしゃがみながらも頭の痛みに耐えた。

恋華@Aile//sub Reader (プロフ) [3月1日 19時] 241番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

グエスside
晴なんだか苦しそうだったな……大丈夫かな
あっこいつ寝た……どうしよう……
とりあえず戻るか……
「この先どうなるのか………」
サクラside
団長とグエスを追いかけて深いところまで来たけど
見失っちゃった……あれ?団長見つけた!
でも苦しそう……どうしたんだろう
「団長……?大丈夫ですか?」

全ゲーム最弱( ´ཫ` ) (プロフ) [3月1日 20時] 242番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

朝、今日もまた1日が始まる。
『んー!よく寝たぁ』
そう言い私は起きる。今日は一日元気に過ごせるかなぁ……と思いながら、服を着替える。今は6:30、急がないと、大人達に怒られてしまう。
『ふぅ……今日も頑張れ!私!』
そう言って、自分を励ます。着替え終わったら、部屋から出て、みんなのもとに向かった。
『おっはよ〜』
私はみんなに挨拶をする。そしたらみんな、口々におはようと言ってくれる。それが結構嬉しい。
『おい!仕事だ!!』
……あーあ…時間が来ちゃった。
『みんな!また後で!』
私はそう言って自分のことを呼んでいる大人の元へ行った。
『ッチ!!ふざけんな!!』
ん?気になって目をやると、親友の結奈が怒られていた。殴られちゃう!!
『っ!!結奈に手を出さないで!!』
私はそう言う。あぁ……今日は傷だらけになりそうだな

鈴ちゃん♪ (プロフ) [2019年10月24日 21時] [固定リンク] スマホ [違反報告・ブロック]

(瑠奈の方です)

恋華@Aile//sud Reader (プロフ) [2019年11月16日 13時] 1番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

「ふあ…………ねむっ」
「わっふ!」
「え、ソーセージ?ダメダメお前は買ってきたやつにするから」
「くぅーん……」
「んぐ…………わかった、買ってやるから」
子犬と青年は屋台の中を歩いてたが、ふとソーセージを売ってる店で、いくつか買うことにしたらしい

カンプ (プロフ) [2019年9月23日 20時] [固定リンク] スマホ [違反報告・ブロック]

類side
『……晴を返せ』
『貴様の言う事を聞くとでも?おい、早くしろ。


……ごめんな…晴、類』
えっ……いま……なんて……
『っおい!!ふざけんな!!』
そう言っても相手は待ってくれない。晴と父親達は闇に紛れて消えていった。
『っ……俺のせいだ……俺が無能だから晴が……
俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ俺ノセイダ』
無能だから……だから晴が拐われた…
副団長のくせに、負けた。
…所詮俺は無能のクズなんだ

父親side(会話だけ)
『晴は起きたか』
『いえ……まだです…大丈夫でしょうか……』
『……晴は強い、大丈夫だ』

恋華@Aile//sud Reader (プロフ) [2019年11月10日 11時] 296番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

類の魔法の制御が緩んだすきに身体を自由にする
そのまま地を蹴り先程の敵の前まで行こうとする
身体は限界なのに進み出す。
敵の後ろまで行ったがもう動けない。
何も聞こえないし話せない……ただ匂いと景色だけ
鮮明に脳内に情報が入る。
だがその眼も血で見えない………
重力に身を委ねてその場に倒れ込んだ

全ゲーム最弱( ´ཫ` ) (プロフ) [2019年11月10日 14時] 297番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

類side
『っグエス!!大丈夫か!!』
俺はグエスの元へ駆け寄る。後ろから気配がすると思ったら、カザトさんだった
『グエスっ…グエス!!』
一応止血をするが、晴みたいに回復魔法は無理だから……どうしよう…

晴side
『……はぁ……なんで……』
そんな事を一人で呟く。面倒くさい。なんでまたここに来なきゃ…
そんな事を思いながら、剣を抜いた

恋華@Aile//sud Reader (プロフ) [2019年11月10日 16時] 298番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

グエスside
息が浅くなり視界が紅いまま動けない
声も聞こえなくなってきたしやばいな
このまま……終わるのかな
カザトside
正直傷が止まってないが今はそれどころじゃない
グエスを助けないと……
「回復能力もないし………どうしよう」

全ゲーム最弱( ´ཫ` ) (プロフ) [2019年11月10日 17時] 299番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

晴side
『……グエスが……っ…』
無色の瞳と言うスキルを使って向こうで何が起こっているのか確認する。
『届け……【治癒再生】』
見てみると、ちゃんと回復している。よかった……とりあえずは…類を待とう…

類side
『晴が……ありがとう…』
聞こえないだろうけど、感謝を込めて、言葉を放つ。

恋華@Aile//sud Reader (プロフ) [2019年11月10日 17時] 300番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

「わぅ!わぅ!!」
「ソータロー、いーかー?
これをとってくんだ…………それ!」
「わぅー!」
小さい足を動かして楽しそうに木片(加工済)を取りに行く
誰もいない早朝の広い公園は異界故の珍しい犬である、ソータローを変な目で見る貴族はほぼいない
いても軽く見て挨拶をしてくれる紳士貴婦人だ

カンプ (プロフ) [2019年9月7日 20時] [固定リンク] スマホ [違反報告・ブロック]

天気が良い為、外へ散歩でも行こうか、何処へ行こうかな。何て考えて居る時、ふと彼と彼の犬の顔を思い出した。犬の名前はソータロー。なんとも面白い名前だが、彼がつけたのだとしたら納得がいくだろう。久し振りに彼等に会いたい。ソータローに会って身体をモフモフしたい...そう考えれば早速彼等にてっとり早く会える場所へ行く事を決めた。其は広い公園。彼等は良く彼処で遊んで居る事を思いだし、足早に其処へ向かった。
公園に着けば大きな声が聞こえ、直ぐに彼等が居る事が分かった。何時もの様にカズマはソータローと遊んでおり、紳士や貴婦人達が彼等を凝視して居るのを遠目から見ればクスリと笑みを漏らした。
『また遊んでるのか、カズマ』
上記の様に若干の笑みを含みつつ相手に遠くから声を掛ければ、近付いて行き、丁度良い場所でしゃがめば、『ソータロー、おいで、!』何て満面の笑みで言い放ち、

草履 (プロフ) [2019年9月7日 21時] 1番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

「あ、ロナu「わぅー!!!」
名前を最後まで言わせずにソータローは友人におもいっきり駆け寄った
「わぅ!わぅ!わふ!!」
「そーかそーか!あいたかったよー!」
ピコピコと耳を動かし尻尾をバタバタして時折ペロペロと友人の頬を舐めたソータロー
「ロナ、久しぶり、また抜け出したな?」
彼は王族、地球的に言えば総理大臣とか皇室とかそんなド偉い人なのだ
…………が、ここにきた頃に会った時は同業者、つまり冒険者だと思ってたため、かしこまった挨拶は彼らの間では余りしないのだ

カンプ (プロフ) [2019年9月7日 22時] 2番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

『あ、はは、くすぐったいな、ソータロー』
此方に走って近寄ってくれば、小さな尻尾をぱたぱたと振り此方の頬を舐めてくるソータローを両手で優しく抱え、手を動かしてソータローを撫でて満足げに微笑み、
また抜け出したのか、何て言われれば、
『バレてないよ、今日は仕事も無いしね、ソータローを愛でに来たんだ』
と少し拗ねた様に述べれば立ち上がりふわふわなソータローの腹に顔を埋めて、小さな溜め息を一つ着けば、『小さな生き物は良いな...癒される...』何てポツリと呟いて、

草履 (プロフ) [2019年9月7日 22時] 3番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

「まぁ、ソータローは可愛いしな
それにバレなきゃいい
バレたとしてもお前のせいだしな」
ニヤニヤと笑いなが言う
ソータローはアソボ!アソボ!!と言う感じで尻尾をパタパタ振っていた
ロナウドはソータローの臭いをかぎながら癒されていた
「そんなに癒されるんならお前も飼えばいいだろ?
王族なんだしそこらの平民より飼えるだろうに」

カンプ (プロフ) [2019年9月8日 8時] 4番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

かえってこれましたー…………います?

カンプ (プロフ) [2019年9月22日 15時] 5番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

「…………ココドコ」
カタコトになるのは仕方ないだろう
噂の駅を降りて、トンネルを潜る
車に会わなかったが、そのまま進むと異世界についていた
なんのこっちゃだが本当に異世界だ
アニメやゲームで見た獣人は酔っぱらって人間と喧嘩、もしくは食事
それも完全に獣っぽいモノから人間に近いモノまで多種多様
何度目を擦っても光景は変わらない
「お兄ちゃん、なにつったんてんだよァアン?」
ガラわっっる!

人間のヤンキーに絡まれた▼
どうする?▼
逃げる
倒す

「ボーッとしてんじゃねぇぞ!」

服を捕まれた瞬間、ナニが頭を過る、なにも考えずに自分も相手の手首をつかみそのまま背負い投げ
…………やれば出来んじゃん俺

カンプ (プロフ) [2019年8月26日 16時] [固定リンク] スマホ [違反報告・ブロック]

これからどうする?

・・ (プロフ) [2019年9月24日 21時] 22番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

がんばって立てたわb

カンプ (プロフ) [2019年9月24日 21時] 23番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

これからって企画自体?

カンプ (プロフ) [2019年9月24日 21時] 24番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

おはよー
そうだね、企画は…やっぱり宣伝するしかないよね()
私もする

・・ (プロフ) [2019年9月25日 7時] 25番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

来てた人がほとんどあれだからねぇ
宣伝してもおりちゃ企画したことの多いし
楽しいのにな

カンプ (プロフ) [2019年9月25日 7時] 26番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]
(C) COMMU