まぐろみかん。

メッセージ送信

(出会い目的の書込は法律で罰せられます→ルール)

メッセージ一覧

「そっか、暑かったのか...ごめんね全然気づけなくて!!」
あわ、と申し訳なさを滲ませて謝って。自分は少し寒いななんて考えていて勝手に彼も大丈夫だと思ってしまっていた。今日迷惑ばっかりで本当に申し訳ない...なんて呟いて。

142 (プロフ) [1月17日 22時] 38番目の返信 PCから [違反報告・ブロック]

「嫌、他に何か原因があるかも知れないですし、気にしないで下さい」
暑いと言ったら逆効果だった。そもそもここの気温は僕にとって普通。あまりこの表現は良くなかったかも知れない。彼女は今にもあわあわと慌てていて、涙が出そうなほどに謝っている。別に謝る必要はないと思うけど、今日で彼女の魅力、良いところを見つけられたかも知れない。本当に先輩なのに世話が焼ける子だな、まるで僕の方が先輩みたいだと思う。

音瀬 (プロフ) [1月17日 22時] 39番目の返信 PCから [違反報告・ブロック]

「そ、そう...?なら、いいんだけど、ね?何かあったら言ってよ...?何でもするからね!」
彼は私が気を使わないように嘘をついてくれているんじゃないだろうか。もしそうだったら先輩として酷い人になってしまうので、それは避けたかった。だからと言って質問攻めしてしまうのも逆に気を使わせてしまう。自分には難しいので言葉だけかけておいて。

142 (プロフ) [1月18日 19時] 40番目の返信 PCから [違反報告・ブロック]

彼女は必死に何かあったら言ってと言う。恐らく、僕が嘘をついているのがわかったんだと思う。どこまでもわかりやすい先輩で、優しいから、嘘を付いていることを謝りたくなる。本当に申し訳ない。でも、それも彼女の魅力だし、先程も思ったけど、隠しておくのが一番良いのだろう。彼女はそのまま純白な方が良い。勝手ながらそう思ってしまい、行動に移した。
「大丈夫ですって...」
そう告げる。ただ言ったら先輩の魅力が悪いじゃないですか、と彼女に聞こえないくらいの大きさ、否もしかしたら心の声かも知れない。そう呟く。

音瀬 (プロフ) [1月18日 19時] 41番目の返信 PCから [違反報告・ブロック]

「あ、ねぇねぇ...気になってたんだけどね、その...リリちゃんのこと、...好きなの?」
突然なんだと言われてしまえばそれまでだが、ずっと、気になっていたのだ。トリガーでも中のいい二人が。彼の事が好きなことに変わりはないが、彼がリリちゃんのことを好きならば諦めなければいけない。でもそんな気持ちがバレてもいけないので後輩の恋愛事情が気になる先輩、というていで、小声で話しかけた。

142 (プロフ) [1月18日 20時] 42番目の返信 PCから [違反報告・ブロック]

ここです~

142 (プロフ) [1月10日 23時] [固定リンク] PCから [違反報告・ブロック]

了解です、私も気になるところは無かったので大丈夫です!

142 (プロフ) [1月11日 22時] 22番目の返信 PCから [違反報告・ブロック]

ありがとうございます。
すみません、今日はもう寝るかも知れないので明日またよろしくお願い致します。

音瀬 (プロフ) [1月11日 22時] 23番目の返信 PCから [違反報告・ブロック]

分かりました、では私の分だけ返しちゃいますね~

142 (プロフ) [1月11日 22時] 24番目の返信 PCから [違反報告・ブロック]

了解です!明日返しますね~。

音瀬 (プロフ) [1月11日 22時] 25番目の返信 PCから [違反報告・ブロック]

こんにちは、更新しておきました。お暇であればよろしくお願い致します!

音瀬 (プロフ) [1月12日 15時] 26番目の返信 PCから [違反報告・ブロック]
(C) COMMU