み~ちゃむのボード

み~ちゃむのプロフィール | 発言 (み~ちゃむの最後の書き込み: 「それを心中と言うのだ...」 @横峯俊のボード [3月20日 14時] )

メッセージ一覧

完成しました~

極夜@写しの本 (プロフ) [2016年12月5日 1時] [固定リンク] スマホ [違反報告]

しんしんと冷える夜の縁側を、足音を立てないように進む。向かう先は、主殿の部屋。

「……主殿、宜しいですか?」

「一期か。今ちょーど準備終わったからなー。良いぞ?」

許可の言葉を得て、襖を開く。
隙間を細く空けて体を滑り込ませた。

主殿は“私の”鶴丸殿の足を開いた状態できつく縛り、その傍らに注射器とエネマ……浣腸剤を用意した状態で視姦をしておりました。鶴丸殿のそのイヤラシい恰好……中々壮観ですな。
私は唇を舐める。

「一期、今日は“お前の”鶴丸に……何をするんだ?」

主殿は狂気を孕んだ笑みを浮かべ、私に尋ねる。

「そうですな……クスリを盛った上でイかし続けますかな。……焦らすのもそそられますが、また今度にしましょう」

私も同じ様な顔をしているのだろう。主殿は待っていましたと言わんばかりな表情で、私に注射器と錠剤を手渡してきた。

「何時ものだが……今日はサービスしとこう、四倍だ」

四倍。それが何を指すのか私は己の身を以てよく知っている。
この錠剤は、一錠飲めば半日は体が火照る。二錠飲めば一日中。三錠飲めば狂いそうなほどの快感に二日は吞まれ、四錠……即ち私の手の中にある量を飲めば、何もしない状態でさえ達し続ける事と為る。……そう、三日の間。

「玩具は使うか?」

主殿の言葉に首を振り、私は自分の服に手を掛ける。

「クスリだけで充分です。ありがとうございます」

主殿が嗤うのを後ろに感じながら、私は鶴丸殿に近付く。……怯える琥珀色の瞳に私は嗤う。

「さあ……は じ め ま し ょ う か」

涙と唾液でぐちゃぐちゃに濡れた猿轡を外し、深く口付けながら錠剤を飲み込ませた。



「ぁうっ、やぁっ……ら、だめだ、やめれくへ……うあっ、可笑しくなる! ひぁっ、あぁぁああ……!」

白濁した液を吐き出しながら、鶴丸は私に縋り付く。

「ははは、聞こえませんなぁ……」

私は三本目、と呟きながら後ろの孔に注射器を差し込む。……と同時に、また鶴丸は白濁液を吐き出す。まだ浣腸剤を入れているだけなのですが……全く淫乱な体だ。

「やだ、いやら! おかひくなう……あうっ!」

「全く……少しは素直になったらどうなんです? ほら、この下の口のように」

煩い上の口を黙らせるため、同時に三本指を挿れる。
弓なりになり、達する鶴丸。……ああ、美しい。

ほら、ほら気持ちいいのでしょう?
そう言いながらばらばらに指を動かして、何度も何度も達させる。
ぺちゃり。口の横に彼の白濁液が飛ぶ。
ひくり、ひくりと痙攣し始めた鶴丸を余所に、私は舌舐めずりをする。……彼の味だ。彼の味がする。ああ、なんて美味なんだ……!

「ひ、ぁ……やら、いやだぁ……」

「ふふっ……煽っているのですか?」

ゾクゾクという、背骨を駆け巡るような興奮。私はもう我慢が限界値になった。

「今度こそ私を満足させて下さい、ね?」

一振り目の貴男のように、壊れてしまったりしてはつまらない。
そう嗤って私は、
鶴丸の下の口に
私を








す べ り こ ま せ た。

極夜@写しの本 (プロフ) [2016年12月5日 1時] 1番目の返信 スマホ [違反報告]

。。

極夜@写しの本 (プロフ) [2016年12月5日 1時] 2番目の返信 スマホ [違反報告]

。。

極夜@写しの本 (プロフ) [2016年12月5日 1時] 3番目の返信 スマホ [違反報告]

。。

極夜@写しの本 (プロフ) [2016年12月5日 1時] 4番目の返信 スマホ [違反報告]

。。

極夜@写しの本 (プロフ) [2016年12月5日 1時] 5番目の返信 スマホ [違反報告]

うーん、未だ未熟です……。

極夜@写しの本 (プロフ) [2016年12月5日 1時] 6番目の返信 スマホ [違反報告]

保存しますた

み~ちゃむ (プロフ) [2016年12月5日 1時] 7番目の返信 PCから [違反報告]

マジやばいです凄いです(語彙力)

み~ちゃむ (プロフ) [2016年12月5日 1時] 8番目の返信 PCから [違反報告]

占いツクールの方に置きに行って良いですかね…?

み~ちゃむ (プロフ) [2016年12月5日 1時] 9番目の返信 PCから [違反報告]

だいじょぶですよー。あ、代わりに感想とか改善点頂けます?

極夜@写しの本 (プロフ) [2016年12月5日 1時] 10番目の返信 スマホ [違反報告]
メッセージ返信
メッセージの一覧に戻る
(C) COMMU