隠れ宿

メッセージ送信

(出会い目的の書込は法律で罰せられます→ルール)

メッセージ一覧

クソ、今日も疲れた…つってもまだ休憩だから終わったわけじゃねぇし…
なんてぼやきながら、狼祇は壁にもたれた。
正直、番頭なんて面倒くさい。
そんなことを思いながら、次の仕事がなんだったかを考えてしまう自分は、もう仕事に染められちまってるわー…と溜息をついた。

松壱@おそ松さんgirls (プロフ) [5月7日 21時] 1番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

「お疲れ様です狼祇」
壁に持たれている番頭の狼祇を見つけ声をかける。だいぶ疲れ気味の様できっと彼はめんどくさいなんて考えているだろう。確か今は休憩中の筈だからサボっているわけでは無いみたいだ。

るーろん (プロフ) [5月7日 21時] 2番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

「…あっ、お疲れ様っす大旦那」
考え事をしてたせいか、大旦那が来たことに全然気がつかなかった。
そして、
「さ、サボってないっすよ」
ははは…と苦笑した。

松壱@おそ松さんgirls (プロフ) [5月7日 22時] 3番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

「ふふっ、分かってますよ。今は休憩中ですもんね」
苦笑する狼祇を見るとそう言ってクスクスと笑う。疲れ気味の狼祇を見て何を思ったのか「休憩中でしたらこれからお茶でもいかがです?」休憩室の方を指さしてそんな事を言い出す。

るーろん (プロフ) [5月8日 6時] 4番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

「茶かぁ…そういや、丁度喉が渇いてたんだ!頂くことにするぜ〜」
俺はお茶と聞いて、目を輝かせた。
休憩室は、なかなか行ったことねぇからな!

松壱@おそ松さんgirls (プロフ) [5月8日 17時] 5番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

まさか、この状態の俺に普通に話してくる奴がいようとは、思っていなかったな。
なんて考えながら、ついてくる女を見つめる。
女は、それはまぁあたたかな笑みを向けてくるじゃあないか。
狼祇はふぅ、と溜息をついた。
「…俺がなんかしようとしたら、俺のことぶん殴って逃げろよ」
とだけ言うと、狼祇は小町に歩く速さを合わせた。
ついてきたのが小町でなければ、狩っていたところだった。
不思議だ。
小町のことは、狩りたいとは思わないのだ。
まぁ、結論の出ない疑問を抱え続けるのも辛いので、その疑問は頭から振り払った。

松壱@おそ松さんgirls (プロフ) [5月7日 20時] 24番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

絶えず笑みを浮かべる小町は了承してくれた相手に一層深い笑みを返した。絶対に仕方が無いなと言ってくれると確信していたのである。
計算高いにも程がある。
「分かりました!この小町にお任せを!」
びし、と敬礼をするとちょこちょこまた着いて歩く。
さりげなく歩みの速さを合わせてくれるのが紳士的だなぁ、なんてぽつと思う。だが、口にしたらきっと彼は不機嫌そうにしてしまうのだろうなと察すれば、言葉にする代わりに目を細めてやった。

蝙蝠 (プロフ) [5月7日 21時] 25番目の返信 PCから [違反報告・ブロック]

なんかちょっと可愛らしい事を言う小町に、はは、と笑みを浮かべた。
狩をやり続けるのも面白いけど、この女に付き合うのも楽しい。
「なぁ、お前は綺麗なものは好きか?
好きなら、この先の花畑をお勧めするぜ」
歩きながら、花畑の事を口にした。
前偶々見つけたものだが、小町は喜ぶだろうか?
狼祇は、花畑の美しさを自分なりの言葉で、小町に伝えた。

松壱@おそ松さんgirls (プロフ) [5月7日 21時] 26番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

笑ってくれた相手にどんなもんだと言う代わりにふふんと鼻で笑って見せる。こういう時に笑ってこその物だろうと、本質こそ分からないが、小町は思っていたのだ。
「ええ、綺麗な物は大好きさ。なんせ猫だからねぇ」
そう言って口元へ手を添える。何度も人生を送って来たが、変わらなかった価値観は美しいものには目が無いと言う事。
大昔の画家が描いた絵画や壁画、彫刻。何を意味しているのかも分からない象形文字に不可思議なアート、何でも綺麗ならば好きだった。
きっと、相手にもその気が分かるのだろう。

蝙蝠 (プロフ) [5月11日 19時] 27番目の返信 PCから [違反報告・ブロック]

「ほう…流石だぜ。
遺跡とかの壁画なんかにも、あんたならハマりそうだな」
森の道無き道を進んで行く。
狼祇は此処に来慣れてるのだろう。
狼祇だって、狩ばかりが好きなわけではない。
綺麗な場所で酒を嗜むのだって、狼祇にとって最高の娯楽なのだ。
狼祇は、狩をする森の中を他人を連れて歩くなんてことはまずしない。
しかし、小町には何故か、自分の秘密とする場所を見せたくなってしまうのだ。

松壱@おそ松さんgirls (プロフ) [5月11日 20時] 28番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

「大きな問題もなく今日も平和ですね」
宿の廊下を歩きながらそんな事を呟く
お客様が困ってないかといつも通り様子を見に行く

るーろん (プロフ) [5月4日 21時] [固定リンク] PCから [違反報告・ブロック]

「大丈夫ですよ」

天ッ風玄ノ龍迅丸 (プロフ) [5月5日 9時] 57番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

「そうですか、また何か困ったことがありましたらお申し付けください」

るーろん (プロフ) [5月5日 10時] 58番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

「はい分かりました」

天ッ風玄ノ龍迅丸 (プロフ) [5月5日 10時] 59番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

「ではごゆっくりお寛ぎください」
一礼

るーろん (プロフ) [5月5日 10時] 60番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]

「ありがとうございました」

天ッ風玄ノ龍迅丸 (プロフ) [5月5日 10時] 61番目の返信 スマホ [違反報告・ブロック]
(C) COMMU