名隠しの町

メッセージ一覧

ありがとうございます。来ました!

鶴羽 (プロフ) [5月6日 0時] 1番目の返信 スマホ [違反報告]

いえいえ!最初お願いしてもいいですか?

沙夜 (プロフ) [5月6日 0時] 2番目の返信 スマホ [違反報告]

わかりました。
·
「…ッ眩しい……」
朝日が射し込む部屋の中、布団の上で寝ていた彼女は体を起こし布団を畳む。眠たいという感情はすぐに消し去り部屋をあとにする
朝ごはんを作らなければならないからだ。にしても、少し冷え込む朝だ。寒いのは嫌い…何て思いながら台所に立つ

鶴羽 (プロフ) [5月6日 0時] 3番目の返信 スマホ [違反報告]

ありがとうございます!
言い忘れていたのですが、依を呼ぶときはなるべくコックリさんの儀式で呼び出してもらえますかね…?

「…ふぅ。人も朝早くから大変なものだ」
家の屋根の上から町の人々を眺め、鼻を鳴らす。
最近は自分を呼び出すものが少なく、猫カフェ店員としての姿でいることが多くなってきた。

沙夜 (プロフ) [5月6日 0時] 4番目の返信 スマホ [違反報告]

了解しました!
·
「……ご飯を食べたら…あの方を呼ぶか」
朝ごはんを早く作り食べる。朝は、一人の時が多いからだ…まあ、慣れてしまったことに今更どうこう言っても仕方がないが。
この家を継いで…何年目だろうな。小さい頃の私には『自由』なんてものは存在しなかった。毎日が稽古……そんな私が唯一、親しく出来たのは…あの人だけだろう。
そんなことを黙々と考えていたらいつの間にか食事を終えていた。
「ごちそうさまでした……」
皿を片付けて歯磨きをする。虫歯は嫌だ。何に対しても健康であり続けるのが一番だ。陰陽師という職業は色々と大変、であるからというのが強いが

鶴羽 (プロフ) [5月6日 0時] 5番目の返信 スマホ [違反報告]

「今日は仕事無いし…あいつが呼び出してくるのを待つだけか」
寄ってきた猫を撫でながら屋根の上で街を見下ろす

沙夜 (プロフ) [5月6日 0時] 6番目の返信 スマホ [違反報告]

「…さて、儀式行うか」
コックリさんを呼ぶ道具を色々と準備をして呼び出す

鶴羽 (プロフ) [5月6日 0時] 7番目の返信 スマホ [違反報告]

「ん…きたか…」
野良猫を放し、いつもの家へと転移する。
「…今日も呼んだな」

沙夜 (プロフ) [5月6日 0時] 8番目の返信 スマホ [違反報告]

「おはようございます。依さん」
軽くおじぎをする

鶴羽 (プロフ) [5月6日 0時] 9番目の返信 スマホ [違反報告]

「ん。人間とは、おはよう、と言う生き物だったな」
一応は狐の妖なので生えている尻尾を撫でながら小さく「おはよう」と返す

沙夜 (プロフ) [5月6日 0時] 10番目の返信 スマホ [違反報告]
返信数の上限を超えています。別のトピックを作成して下さい
メッセージの一覧に戻る
(C) COMMU